テストの点数が悪かった

教育

中学受験においてテストで点が取れないときに注意するべきこと

投稿日:

子供の成績が伸びずに志望校に全然届いていない、ということは親にとっては心配で、不安でたまらないことです。

そんなときに少しでも成績が上がるように何とかしてやりたい、というのが親心でしょう。

しかし、それで軽はずみな行動をすると余計に傷口が広がってしまうことがあります。

安易な打開策に頼るのではなく現状に目を向けて考えていくことが大切です。

勉強の量だけを増やしても意味がありません

親がテストの点数が悪いことで焦りを感じ、勉強の量だけを増やしてしまって子供を追い詰めてしまうことがあります。

元々勉強時間が少ない子だったらそれでもよいのですが、元々きちんと勉強している子まで更に塾に通う日数を増やし、夜は遅くまで勉強するようになったりします。

しかし、それで効果が現れるかというと答えはNOです。

学習する内容や取り組み方を見直さずに、いたずらに量だけを増やしても状況は好転しません。

それどころか、子供自身が疲れてしまったり嫌になったりしてマイナスになりかねません。

それよりもその時点での実力に合った志望校を設定しているか、また学習内容は基本からしっかり行っているかなど見直したほうがよいです。

子供の考え、気持ちを確認してみてください

それから本当に子供が志望校に合格したいと思い、身の入った学習をしているかも大切です。

中学受験はメンタルの部分によって成績が大きく左右されます。

日頃どのような思いを持って学習に取り組んでいるかで本人の成長スピードが大きく変わります。

 

やる気が見られない子供に対しては勉強を無理強いするのでなく、一度本人の考えを聞いてみたほうが前に進みますよ。

勉強をしたくない子に無理やり勉強をさせても意味がありませんし、じゃあどうするつもりなのかを聞いてみるとよいです。

勉強はしたくないけど受験をしていい学校に入りたいという甘い考えを持っている子は多い(小さいからわかっていないだけですが)ですので、そのあたりの現実を話してあげると考えが変わる子もいます。

もしかするとテストに慣れていないのかも

それから時間配分や緊張をしないようにという意味でテストに慣れておくことも必要です。

子供によっては難しいテストが国語、算数、理科、社会と長時間にわたって続くので、最後のほうは集中力が持たずに何も書けない子もいます。

4年生や5年生の模試の結果が悪くても学力が低いからだと決め付けずに、テストで緊張しすぎていないか、ある程度良いコンディションで最後までテストを受けられているかを考える必要があります。

 

子供は必死になって一点でももぎとろうというほどテストを重く捉えていないので、心がけ次第で点数が変わったりします。

それこそ字を真剣に書いているか、計算を注意深くしているか、問題文の読み誤りを防いでいるか、解ける問題は全て手をつけているかなど気をつけるだけでできることをまだ上手くできないのが小学生なのです。

大人はこのことを知った上で子供に接する必要があります。

まとめ

勉強量だけ増やしても意味がないことは、効率よくやれば少ない学習時間でそれなりの学力を身に付けていけることを示しています。

工夫をして楽をするのはどんどんすべきことです。(算数でも公式や図を使って楽に解く工夫をしていますよね?)

時間は有限なので、ある時間を最大限有効に利用できるように工夫していく必要があります。

それは子供だけでは無理なので、保護者や塾の先生の助けが必要になります。

 

子供の気持ちをしっかり聞き取ることは別に甘やかしているわけではありません。

親子が互いに相手を理解せずに中学受験に取り組んでも親子仲が悪くなるだけですので、安定した中学受験をさせようと思うならむしろ必須事項です。

この点をないがしろにした家庭ではどこかで子供が勉強したくないと言い出したり、親が子供のこと駄目な子扱いしたりと歪みが生じてくることになりますので注意が必要です。

テスト漬けになるのは良くありませんが、適度に実戦慣れはしておくべきでしょう。

どうしても点を取る技術というのは必要になってきますので、純粋な学力とはまた違った力になるとしてもその技術は習得しておくべきものだと思います。

-教育

Copyright© チャイルドスタディオンライン , 2019 All Rights Reserved.